ネスプレッソ 評判

ネスプレッソ 評判 /「ネスプレッソ」のメリット

ネスレが発売しているコーヒーマシンと言えば、ドルチェグストやネスカフェ バリスタがよくCMでも見かけますが、ネスプレッソはエスプレッソ専門のマシンです。

普通のコーヒーマシンでは作れない高い圧力で濃厚なコーヒーの味わいが楽しめるのが特徴。

ネスプレッソは、バリスタやドルチェグストよりさらに本格的なエスプレッソを楽しみたい方向けの様々な特徴があります。

本格コーヒー豆から抽出でとにかく美味しい

NESPRESSOのコーヒーメーカーはミシュランガイドに載るレストランでも使われるくらいのレベルで、とにかく美味しいの一言に尽きます。

正直、個人的にはそこらへんのお店で飲むエスプレッソよりも断然美味しいと思っているくらいです。

私は3年以上愛用してますが、ハッキリ言ってスタバやタリーズより美味しいです。

どこよりも美味しいエスプレッソが味わえるでしょう。

ネスプレッソって駅構内に時々ある「ネスカフェ スタンド」で売ってるコーヒーと同じ?

よく勘違いされがちですが、全くの別物です。

「ネスカフェ スタンド」のコーヒーはバリスタというマシンを使っていて、抽出液を粉にしたものを溶かしてコーヒーを作る仕組みになっています。

「Nespresso」のカプセルには本物のコーヒー豆が充填されている上位互換であり、ネスカフェスタンドで売っているコーヒーよりも味は上です。

使い方はカプセルを本体にセットしてボタンを押すだけ

Nespresso(ネスプレッソ)コーヒーメーカーの仕組みはとてもシンプルです。

マシンの構造は極めて単純で、使い方も超カンタン。

本体後部のタンクに水を入れ、コーヒー豆が入ったカプセルを本体の穴にセットしてレバーを倒し、ボタンを押すだけ。

マシンの使い方
  • ①水タンクに水をいれる
  • ②カプセルを入れる
  • ③スイッチオン~蒸気で抽出
  • ④15秒でできあがり

お手入れも超簡単!

飲み終わったら、カプセルホルダーに落ちた使用済みのカプセルを捨てるだけです。

お手入れ方法も非常に楽チンで、カプセルということでコーヒーのカスもでなければ、汚れることもほとんどありません。

メンテナンスも、使用から6ヶ月または、コーヒー600杯抽出ごとに1回以上湯垢洗浄材を使うだけ。

これ以上に手間のかからないコーヒーメーカーは他にはなかなかありません。

カプセルの種類が非常に豊富

ネスプレッソは、公式で販売されているカプセルだけでなく、サードパーティー製(非公式)の互換カプセルの種類が多く、レベルも非常に高いと評判です。

本格的な味でありながら、コストは公式カプセルの70%程度です。

サードパーティーではCafeRoyalのカプセルが特に人気!

ネスプレッソは、サードパーティー(非公式)で販売されているカプセルも充実しており、中でもCafeRoyalのカプセルは大人気です。

かなり細かく挽いてあるので、瞬間的な蒸気でもしっかりとコーヒーの旨みが抽出される仕組みになっています。

ミルクにも合う強めのインテンソでも「ローマ」カプセルは一個75.6円とコスパ抜群です。

私の場合は、ローマをベースに、季節限定カプセル、ルンゴ、でカフェをおりまぜて注文していますが、 夜飲むことも多いので半分はデカフェのカプセルです。

「エンヴィヴォ・ルンゴ」も好きな味です。

ネスプレッソ 評判 /口コミ

悪い口コミ

ネスプレッソの悪い口コミは、「味は美味しいけどカプセルが高い」という内容のものがほとんどでした。確かにカプセルのランニングコストは他社と比べても割高ですし、カプセルコーヒーの中では高級品の部類に入ると考えてもいいでしょう。ただ、高いカプセルは公式の正規品の話であり、サードパーティーのカプセルはそこそこ安いので、安くて美味しい自分好みのカプセルを見つけられるかどうかが、ネスプレッソをお得に楽しめる鍵になりそうですね。

良い口コミ

SNS上で、「スタバを超えた!」と絶賛の口コミが多数見られます。カプセルコーヒーの中では最上級のランクだと考えて間違いないでしょう。コスパを度外視すれば間違いなくNo1の本格コーヒーだと言えます。

ネスプレッソ 評判 /ネスプレッソを実際に使ってみた感想

実際に愛用している「エッセンサ ミニ ピュアホワイトC」(直販価格1万1880円)をレビューします。

マシンというほどの大げさなモノではなく、本体は約2.3㎏と軽量かつ幅8.4cmと薄いので、男性ならば片手で持ててしまうコンパクトサイズです。

移動はラクですし、ちょっとしたスペースにも置けるのも嬉しいですね。

マシンの機能や操作方法

まずは、カプセルを本体の穴にすっぽり入れて、レバーを手前にガチャンと倒せばセット完了です。

抽出の際は、約40mlの小カップボタン(左)と約110mlの大カップボタン(右)を選択してスイッチを押すだけ。

スイッチを押すと、ブブブブブ…とマシンが振動し、10秒ほどで抽出が完了します。

初めて抽出する時は、その量の少なさに衝撃を受けるかもしれません。

小カップを選択すると、ほとんどおちょこ1杯分(約40ml)で、大カップを選択しても、通常のコーヒーよりやや少ないくらいです(約110ml)。

元々エスプレッソ自体が少量のコーヒーであり、マシンで加圧しながら急速に抽出することで、雑味を出さず、旨みとコクだけを引き出すのが特徴なので、これは仕様です。

なお、抽出量を多くしてしまうと、よけいな雑味が出てしまうそうです。

また、エスプレッソならではの魅力が、コーヒー表面を覆うきめ細かな泡、「クレマ」ですが、本機では十分に泡立っており、滑らかな舌触りを楽しめます。

ネスプレッソのカプセルの味について

最近特に愛用している「ロブスタ・ウガンダ」と「アラビカ・エチオピア」(各940円)の2種について実際の味の感想をご紹介します。

ロブスタ・ウガンダ

苦味とコクが際立つコーヒーで、爽やかで力強い苦味、ウッディな香り、少しピリッとしたあと味が特徴です。

パンフには「ココアのような香り」とありますが、確かにココアっぽい風味があります。

抹茶を思わせる印象もあるので、和菓子にも合います。

苦味とコクが際立つコーヒーで、爽やかで力強い苦味、ウッディな香り、少しピリッとしたあと味が特徴です。

アラビカ・エチオピア

パンフには「ココアのような香り」とありますが、確かにココアっぽい風味があり、サッパリしたコーヒーが好きな人におすすめです。

フルーティで軽快な印象で、紅茶のような芳香が感じられて酸味は少なく、キレがいいの

抹茶を思わせる印象もあるので、和菓子にも合います。

大カップ(110ml)で抽出すると、香りが立って飲みやすくなります。

エスプレッソの象徴、クレマも立ち易く、シルキーな口当たり、独特な甘さがなんともいえない快感で、その下に隠れたボディを鮮やかに引き立ててくれます。

ネスプレッソ 評判 /無料レンタルがおすすめ

ネスプレッソはカプセルを定期購入することでマシンを無料レンタルできるキャンペーンを定期的に実施しています。

スターバックスとのコラボカプセルを取り扱っていたり、時期によっては初回申し込み時に特典でプレゼントがもらえます。

ネスプレッソのキャンペーン内容の一例
  • ネスプレッソ本体が無料レンタルできる
  • 3回以上の継続が条件
  • 5本以上購入で『5%OFF』&『送料無料』
  • 4回目以降は、いつでも解約OK
  • 解約金(違約金)なし
  • 解約の場合は、マシンの返却のみ
  • 返却送料は、自己負担
  • 個人でもOK!誰でもOK!
  • 14種類のカプセルが無料でついてくる
  • 月額378円~!

なお、キャンペーンは期間限定なので、いつ終了するかわかりませんのでご注意下さい。

以前のキャンペーン対象マシンは「ネスプレッソU」や「ピクシークリップ」だったのですが、マシンの在庫がなくなり終了してしまいました。

現在は『エッセンサミニ』と『ヴァーチュオ ネクスト』がキャンペーン中ですので、気になる人は早めの申し込みがおすすめです。

気になるランニングコストは意外と節約できる

カプセルは高いと言われていますが、90円/1個で、牛乳も合わせて1杯100円程度です。

コンビニのカフェラテの150円と比べて差額はたった50円であり、毎日飲むとなると 365 x 50 = 18,250円もコンビニコーヒーと比べるとはるかに安いです。

本体まで購入すると、ようやくモトがとれる程度ですが、実際にコンビニに行くとドーナツとか余計なモノまで買ってしまうし、スタバやタリーズと比べるとさらにお得です。

ネスプレッソは嗜好品らしく売り出してますが、いろいろ含めて考えると節約効果はかなり期待できます。

本体の購入は楽天がお得

カプセルはサードパーティーで、本体だけ購入したいという人は、Amazonより楽天の方が安くてオススメです。

ネスプレッソ 評判 /機種ごとの特徴

エッセンサミニ

おすすめポイント
  • ネスプレッソ史上最小サイズで場所を取らない!
  • 2モデル各3つのカラーから選べるデザイン性!
  • コンパクトでも2種類のカップサイズが選べる!
  • シンプルでむずかしい操作なし!

エッセンサミニはネスプレッソのエントリーモデルとして、とにかくコンパクトなデザインが特徴で、世界三大デザイン賞のひとつ「iFデザインアワード2017」と、「レッド・ドット・デザイン賞2017」の2つを受賞しています。

すっきりした縦長フォルムのC30シリーズと、どこかレトロでかわいらしいD30シリーズ、それぞれ3つのカラーバリエーションで展開されています。

幅がたった11㎝と場所をとらないので、リビングにもキッチンにも好きな場所に置きやすいスマートな設計で、場所を問わずにどこでも気軽においしいコーヒーが楽しめます。

コーヒーのカップサイズは2種類あり、本格的なエスプレッソを飲みたいときは40mlで濃厚に、コーヒー感覚で気軽に1杯を楽しみたい人は110mlからセレクトできて、別売りのエアロチーノを使えば、カプチーノにカフェラテなどのミルクメニューも手軽に作れます。

コーヒーの量も、40mlのエスプレッソタッチボタンを長押しすることで、20ml~200mlまで抽出を変更できます。

ほかのマシンとくらべて、1杯ごとにカプセルを取り出すなどの手間はありますが、普段からドルチェグストを使っている方なら特に負担にはならない程度です。

エッセンサミニはこんな人におすすめ
  • 場所を取らないマシンが欲しい人
  • 操作がシンプルで覚えやすいマシンが欲しい人
  • 両親などへのプレゼントを探している人
  • はじめてネスプレッソを使ってみたい人

ネスプレッソ エッセンサミニの最安値を確認する(楽天)

ピクシークリップ

おすすめポイント
  • 「デコレーションパネル」でデザインをカスタマイズできる!
  • 自動電源オフと水タンクお知らせランプ機能つき

ピクシークリップは側面のパネルが着せ替えできる、デコレーションパネルを採用したネスプレッソ。

マシン自体には2色のパネルがついていて、ブラックとイエロー、ホワイトとレッドの2つの組み合わせが発売されています。

更に別売りでウッド調やチェック模様など、おしゃれなパネルが販売されていて、好みに合わせて自由にカスタマイズができてインテリア性抜群です。

ピクシークリップとエッセンサミニとの違いは?

ピクシークリップは、エッセンサミニよりも1000円程度高いモデルですが、2つの違いとして挙げられるのが機能性の違いです。

ピクシークリップには電源を入れっぱなしでも、9分間操作がされないと自動でオフになる機能を搭載しています。

さらに、ピクシークリップの特徴は水タンクの残量が少なくなると、ランプでお知らせしてくれる機能がついており、水タンクの水がないと本体が光るので、わざわざ裏面に回り込んでタンクを見なくとも、水が少ないことが一目でわかります。

ピクシークリップはこんな人におすすめ
  • デザインがおしゃれなネスプレッソを探している人
  • コンパクトなマシンが良い人
  • 高額モデルまではいらないが、機能的なマシンを探している人

ネスプレッソ ピクシークリップの最安値を確認する(楽天)

プロディジオ

おすすめポイント
  • Bluetoothでスマホアプリと連動できる!
  • 高機能なのにコンパクトで好きな場所に設置できる!

プロディジオは、ネスプレッソで初めてBluetoothでスマホと連動できる最新機能を搭載したコーヒーマシンです。

アプリで使える機能
  • コーヒーカプセルの残数管理
  • 希望の時間にコーヒー抽出の予約
  • お手入れのお知らせなどのアシスタント

複数のカプセルを持っていると、残り何個が残っているのか把握しづらくなりますが、これをアプリで確認できるので、コーヒーを飲もうと思っても好きなカプセルがないという失敗が起こりにくくなります。

さらに、コーヒー抽出の予約ができるので、寝起きなど自分が飲みたいタイミングに設定すれば、朝一でおいしいコーヒーが楽しめます。

ピクシーグリップ同様の大きさでコンパクト!

プロディジオは、ピクシークリップとほぼ変わらない高さと幅というコンパクトなモデルです。

Bluetoothでスマホと連動できるなど、高機能でありながら、サイズはとても小さく場所を取りません。

見た目もすっきりしていて、落ち着いたグレーとチタンという、スタイリッシュなカラーリングも特徴。

家庭はもちろん、オフィスやホテルなどワンランク上の空間に置いても映える、コンパクトで美しいコーヒーマシンです。

プロディジオはこんな人におすすめ
  • 機能的なハイエンドモデルでコーヒーを楽しみたい人
  • 場所をとらないすっきりしたマシンが良い人
  • 待たずにコーヒーを飲みたい人(予約機能付き)

エキスパート

おすすめポイント
  • ネスプレッソの中で唯一4つのカップサイズに対応!
  • 3段階のお湯の熱さが選べる!
  • Bluetoothでスマホと連動!
  • 国際的なデザイン賞を受賞したオシャレなデザイン!

エキスパートは、ネスプレッソの中で唯一4つのカップサイズが楽しめるマシンです。

定番のエスプレッソのほかに、コーヒー25mlと水125mlが合わさった150mlのアメリカーノを楽しめるので、一度でたくさんのコーヒーを飲みたい人や、薄味でさっぱりしたコーヒーが好きな人にぴったりです。

コーヒーの量以外にも、お湯の温度も3段階から選べるバリエーションの豊富さもエキスパートだけの機能で、「あたたかい」「熱い」「とても熱い」の3つから、お好みの温度を選べます。

猫舌の人なら、早く飲み頃になる「あたたかい」、とにかく熱々のコーヒーを飲みたいのなら「とても熱い」など、自分の好みの温度やカプセルの種類によって、3段階を調整できます。

プロディジオ同様、Bluetoothに対応!

プロディジオと同じく、エキスパートもスマホと連動できるBluetooth接続に対応しており、プロディジオよりもさらにパワーアップしていて、コーヒーの抽出量にお湯の温度もお好みのメニューを選べます。

もちろん、カプセルの残量確認に、お手入れのお知らせ機能も対応しています。マシン自体も、使用済みカプセルのボックスの満タンや、水タンクの空、湯垢洗浄の必要をお知らせしてくれるので、自分で覚えていなくともすべてネスプレッソが管理してくれます。

また、ネスプレッソエキスパートは、ドイツの国際的なデザイン賞で最高位の「iFデザインゴールドアワード2017」と、レッド・ドット・デザイン賞2017でプロダクトデザイン賞を受賞しており、インテリア性も抜群です。

エキスパートはこんな人におすすめ
  • 1杯ずつカプセルを取り出して捨てるのが面倒な人
  • コーヒーの淹れ方にとことんこだわりたい人
  • スマホでマシンを管理したい人

ネスプレッソ エキスパートの最安値を確認する(楽天)

ラティシマ

おすすめポイント
  • エスプレッソ~ミルク系レシピがマシンだけで作れる
  • 「ワンタッチシステム」のたった3ステップでコーヒーが飲める

ネスプレッソの数あるモデルの中でも、マシン1つでミルク系メニューを作れるのは現在ラティシマだけです。

ほかのネスプレッソでミルク系メニューを作る際は、別売りされているエアロチーノを使う必要があります。

通常版のラティシマタッチと、さらに上位モデルのラティシマプロも発売されていますが、主な違いはタッチパネル操作と外装で、基本的な機能は同じです。

デザインを見ると分かりますが、水タンクとは別に右側にはミルクタンクが付属しており、作ることができるメニューは3種類です。

ラティシマで作れるメニュー
  • ラテマッキャート(ミルク150ml・コーヒー40ml)
  • カプチーノ(ミルク50ml・コーヒー40ml)
  • ホットミルク(ミルク120ml)

ラテとカプチーノのほかに、冷たい牛乳を温めてホットミルクにするメニューも用意されている点が特徴で、とにかく泡のキメが細かく、フワフワで甘さが感じられるミルクが楽しめます。

更に、ミルクの泡立ちはダイヤルによって調節が可能で、泡が少なめ、多めが選べるので、さらにアレンジのバリエーションが広がります。

また、本機は高機能なモデルですが、ムダがなくとてもわかりやすい操作性になっているのも魅力です。

ラティシマはマシンの上部に、コーヒー用のボタンが用意されており、飲みたい量のコーヒーのボタンを押すだけですぐに抽出がスタートするので、「タンクに水をセット→カプセルをセット→ボタンを押す」というたった3ステップでコーヒーを淹れることができます。

しかもカプセルホルダーのすぐ横にボタンが並んでいるので、カプセルをセットしたその手で、スムーズにコーヒーの抽出をスタートできるのはポイントが高いです。

ラティシマはこんな人におすすめ
  • ミルク系メニューをよく飲む人
  • 操作が簡単で使いやすいマシンを探している人

ネスプレッソ ラティシマの最安値を確認する(楽天)

イニッシア

おすすめポイント
  • ネスプレッソの中で最安値の機種
  • 廉価でも必要な機能はしっかり搭載

イニッシアは、ネスプレッソのシリーズの中で最廉価で、シンプル・コンパクトなネスプレッソのスタンダードです。

最廉価とはいえ機能に不足なく場所とらずで、お湯の量も、エスプレッソ(40ml)かルンゴ(110ml)の2種類に対応しています。

上位機種・新機種はボタンの数が多くお湯の量を細かくできるのが特徴ですが、イニッシアでも抽出中にボタンを押せばキャンセルして湯量を調節できるので機能的な大差は無いので安心して使えます。

エアロチーノは必要?

ミルク系メニューも楽しみたい人はエアロチーノが別売りで必要になりますが、デザインも悪くないのでミルクにこだわる人は買っても良いと思いますが、市販品でも代用できます。

実際にエアロチーノを使ってみると、しだいに洗い物が面倒になって使わなくなったり、フチの金属の劣化で指を切ったりする事もあるので賛否両論です。

私の場合、現在はホーローのミルクポット(ミルクパン)と100円ショップのミルクフォーマーのセットで満足しています。

特にダンスクのバターウォーマーがお気に入り。 見た目では伝わりにくいんですが、手に持った人にしかわからない、所有欲を満たしてくれる素晴らしい工業製品で、すごくおすすめです。

イニッシアはこんな人におすすめ
  • とにかく安くネスプレッソのマシンが欲しい人

ネスプレッソ イニッシアの最安値を確認する(楽天)

ヴァーチュオ

おすすめポイント
  • 遠心力を利用した最新の抽出方式を採用!
  • 25種類のカプセルと5つのカップサイズに対応!
  • カプセルのバーコードを読み取ってプロ顔負けの淹れ方で作ってくれる!
  • クレマを生かした新しいコーヒーの飲み方を楽しめる!

「ヴァーチュオ」は、2014年からアメリカで扱い始めた新抽出方式を採用したネスプレッソの最新型コーヒーマシンです。

最大の特徴は、遠心力を利用した「セントリフュージョン(遠心力抽出法)」という抽出法が採用している点が挙げられます。

これは、簡単に言えば、カプセルの中にお湯を注ぎ、カプセル自体を高速回転させることで内部にお湯を行き渡らせて、遠心力により抽出させる方法です。

通常のドリップ方式は、粉に満遍なくお湯を注ぎ、重力によってゆっくりとコーヒーを抽出していきますが、セントリフュージョン方式は遠心力により抽出を短時間で行うことが可能となっています。

最大回転数4000rpm程度なので、自動車が普通に走っている時のエンジンと同じ位の回転数でカプセルを回しているみたいですが、そんなに大きな音ではないので夜間でも問題なくコーヒーを楽しめます。

また、ヴァーチュオでは400ml以上の大容量サイズ「アルト」から、40mlの「エスプレッソ」まで全5種類のカップサイズに対応したカプセルが用意されています。

さらに味の種類は25種類とバリエーション豊富です。

私が実際に試したのは「インテンソ」「アルト・インテンソ」「ジョルニオ」の3種類。一番自分好みだったのは「インテンソ」で、濃厚でコクが強く、深煎りコーヒー好きな私にはピッタリでした。

そして、ヴァーチュオではカプセルの種類や量の選択肢が多いのに、抽出ボタンは1つだけ。

どうやってカプセルを判別しているのかというと、その秘密はカプセルの縁に刻まれたバーコードで判別しているんです。

カプセルをセットしてボタンを押すだけで、カプセルのバーコードを読み取ってカップサイズ、注入湯量、回転数、お湯の温度、蒸らし時間など、各コーヒーに最適な抽出をマシンが自動で行ってくれるので、誰でもボタンを押すだけで簡単に本格的なコーヒーを楽しめます。

ドリップ式コーヒーマシンの場合は、お湯の注ぎ方は全て同じ。確かに考えてみれば粉の種類が変われば抽出の仕方もそれに合わせて変えなきゃいけませんが、ヴァーチュオならすべて自動でやってくれるのでラクして一番美味しい状態で抽出されたコーヒーをいただけます。

ヴァーチュオだけの新しい飲み方も楽しめる!

ヴァーチュオではクレマを生かした新しい飲み方を推奨しており、黒ビールの方にキメの細かいふわふわなクレマをスプーンでコーヒーに戻すように混ぜ込み、コーヒーとクレマを一緒に楽しめます。

これによって芳醇なアロマがより一層広がり、尖りのないやわらかな口あたりを楽しめる「新作法」としておすすめしています。

実際にやってみたら、確かに美味しい!ミルクを入れていないのに入れているようなまろやかな口当たりに変化しますが、クレマが綺麗に泡の状態を保てるのは保って1-2分程度なので、それまでは混ぜないでふわふわのクレマを楽しんで、形が少し崩れてきたらコーヒーに混ぜ込んで飲むのもいいかもしれません。

ヴァーチュオはこんな人におすすめ
  • エスプレッソの最新の抽出法を楽しみたい人
  • カプセルごとに簡単・完璧な淹れ方でコーヒーを飲みたい人

ネスプレッソ ヴァーチュオの最安値を確認する(楽天)

ネスプレッソ 評判 /マシン比較

エッセンサミニ ピクシークリップ プロディジオ エキスパート ラティシマ
水タンク容量 0.6リットル 0.7リットル 0.7リットル 1.1リットル 0.95リットル
ミルクタンク 0.4リットル
対応カップ ・40ml
・110ml
・40ml
・110ml
・25ml
・40ml
・110ml
・25ml
・40ml
・110ml
・150ml
(コーヒー25ml+
お湯125ml)
・25ml
・40ml
・110ml
幅×高さ×奥行き ・D30:
11×20.5×32.5㎝
・C30:
8.4×20.4×33㎝
12×23.5×33㎝ 12.5×25.5×38㎝ 38×29×22.5㎝ 17.5×26×32㎝
クイック起動時間 30秒 25秒 30秒 30秒 30秒
お湯抽出機能
お湯の温度調節機能
お手入れお知らせ機能
水タンク水量お知らせ機能
可動式水ドリップトレイ(ロンググラスに対応)
脱着式ミルクタンク
自動カプセル排出機能
Bluetooth連動機能
パネル着せ替え機能
希望小売価格 11,880円 12,990円 24,840円 27,000円 29,700円
発売日 2017年9月 2016年4月 2016年 2017年9月 2015年
特徴 ・超コンパクト&シンプル操作なエントリーモデル。
・C30とD30のデザインが違う2種類がある。
・コンパクトサイズ
・パネルの着せ替えができる。
・Bluetoothでスマホと連動。 ・150mlのアメリカ―のが加わり、
4つのカップサイズに対応。
・ミルクタンクつき

抽出量の種類やミルクタンクつきなど、機能的なものほど定価も高額になっており、エッセンサミニがエントリーモデルで、ラティシマタッチが最上位モデルの位置づけになっています。

モデルによって搭載している機能もかなり違っており、コーヒー以外にも、カプチーノなどのミルク系のメニューを作れるのは、「ラティシマ」のみになっています。

ネスプレッソ 評判 /まとめ

ネスプレッソは、カプセルコーヒーの中では最上級の味と評判ですが、ドルチェグストやバリスタに比べるとカプセルのコスパがあまり良くないことや、カプセルを購入できるところがネスプレッソ公式サイトやネスレブティックでしか買えないといったデメリットもあります。

ただ、外で美味しいコーヒーを飲もうとすれば一杯400円以上する場合もあり、かなりお高くつきますが、ネスプレッソのカプセルなら1杯75円~の価格で、お家で手軽にいつでも飲めますので、スタバやコンビニコーヒーと比べても実質コスパがいいです。

カプセルはスーパーやドラッグストアでお手軽に購入できる商品ではないので、購入するときに少しお手間を感じるかもしれませんが、互換カプセルを活用すると、かなり安く本格コーヒーを自宅で楽しむことができますのでおすすめです。

関連記事:コーヒーメーカー おすすめ /買ってよかったコーヒーメーカーランキング・本当に美味しいコーヒーメーカーを紹介!